破産宣告の際あなたの借金に対してその保証人がいる場合にはあらかじめ連絡しておいたほうがいいでしょう。ハーブガーデンシャンプー

さらに、強調させていただきますが債務に保証人が付いているときは、破産宣告の前にきちんと検討するべきです。

というのは今あなたが破産してOKが出れば、補償する立場の人があなたの借金をいっさいがっさい支払うことになるからです。

ですので、破産申告をする前に保証人となる人にこれまでの内容とか現状について報告し、お詫びをしなくてはならないでしょう。

これらは保証人になるひとからすれば当たり前です。

債務者のあなたが破産の手続きをするのが原因で自動的に数百万もの負債が発生するわけですから。

そして、以後の保証人の取れる手段は4つあります。

まず1つめですが、保証人が「みな返す」という方法です。

保証人である人がその何百万円もの債務をいともなく弁済できるほどのような貯金をたくわえているならばこの方法を取ることができます。

ただむしろあなたが破産せずに保証人となる人に立て替えてもらって、あなた自身はその保証人に月々返済するという形も取れると思います。

その保証人が良いパートナーであるのならば少しだけ返金期間を延ばしてもらうことも不可能ではないかもしれません。

いっぽうで合わせて返すことができないとしても、業者側も相談すれば分割での返済に応じてくれます。

あなたの保証人にも破産宣告をされると、貸したお金が一銭も返らないことになりかねないからです。

保証してくれる人が債務者のお金を代わって負う経済力がなければ、債務者とまた同様に何らかの方法での債務整理を選択が必要になります。

2つめの選択肢は「任意整理をする」ことです。

これは貸した側と話すことにより3〜5年の時間で返済する形になります。

お願いするときの経費は1社ごとに4万。

もし7社からローンがあったなら約28万円かかることになります。

むろん貸方との交渉は自分でチャレンジすることも可能ですが、この面での経験と知識がない人の場合相手があなたにとってデメリットの多い条件を提示してくるので、気を付けた方がいいでしょう。

それと、任意整理になるとしたとしても保証人である人に負債を負ってもらうことになるわけですから借金をしたあなたは長くかかるとしても保証人になってくれた人に返済を続けていく義務があります。

さらに3つめは保証人となる人も返せなくなった人と同様に「破産手続きをする」という選択肢です。

保証人となる人も債権者といっしょに破産手続きをすれば保証人の返済義務もなくなります。

しかしながら、保証人が有価証券等を登記している場合はその個人財産を没収されますし証券会社の役員等の職業についているのであるならば影響があります。

その場合、個人再生という処理を検討するといいでしょう。

最後の4つめの選択肢は、「個人再生による手続きを取る」方法があります。

マンション等の不動産を処分せず債務の整理をしたい場合や、破産申告では資格制限にかかる職にたずさわっている場合に利用できるのが個人再生です。

この方法なら自分の家は残せますし破産のような職業にかかる制限、資格にかかる制限がかかりません。