一般的に任意保険という保険は強制保険としての自賠責保険とは違って、自賠責保険では補いきれない部分の補償を考慮している大事な保険といえます。

この任意の保険という保険は自賠責保険の上乗せ保険という意味合いで働きますので自動車損害賠償責任保険の限度額を超えたときに働きます。

それから自賠責保険では対物損害に対しては補償を受けることができないのでそこのところをまかなう際にはさらに任意保険にも加入しておくことをお勧めします。

もう任意保険を納付済みのクルマを処分する際は、国産車あるいは輸入車というようなことは関係なく残っているお金が返ってきます。

これは国産メーカーの自動車についても同じことが言えます。

自動車損害賠償責任保険、普通は放っておくのが通例になっていますが任意保険の場合、皆が入る保険ではありませんので中途解約をすることになります。

それから任意保険を中途解約後は現時点で 納めている残っているお金が返金されることになります。

車の買取が決まった場合でも即加入している任意保険をキャンセルするという選択肢はリスクがあります。

当たり前ですがすぐに解約するとその分戻ってくるお金は多くなりますが、もし車買取店が遠方にあって、自ら運転していくようなケースでは、任意保険なしで自動車の運転をする必要があります。

もしもの時に備えて絶対にもう自分で運転をしない状況になる時まで任意保険の解除はされないようにする必要があります。

自動車を処分して、違う自動車に乗り換えるケースならば問題ないでしょうが、仮にずっと車に乗らない状況が続いて任意保険に加入している意味がなくなってしまったらこのように任意保険未加入の時間が存在すると前に入っていた時の保険の等級が下がるので、保険料が増額されます。

そういった時であれば「中断証明書」を提示してもらうようにしなくてはいけません。

この「中断証明書」を使えば、10年まで遡って無保険になる前の任意保険の等級を引き継いで加入することができるのです。

それから、13ヶ月以内ならば発行してもらうことができるので、既に中古車を売却していて、「中断証明書」というものを発行されていない状況の場合は保険会社やその代理店にその旨を伝えるようにしましょう。

仮に自分が新しく自動車を購入することになって、以前持っていた車を買い取り依頼するのでしたら、契約はどちらか一方のみになってしまします。

保険の変更という処理になるので運転しなければならない車ならば売却までには注意しましょう。

そして任意保険という保険は自動車車両によって価格が相当変わりますから、愛車引き取り時は任意保険の保険料を検討してみる良いタイミングにもなります。